あなたの英語・英会話勉強法は間違っている
CASIO電子辞書EX-word XD-H4300 【送料無料】

英検対策

先日「英検DS」というソフトが任天堂DS用として発売されましたが、親戚へのプレゼントとして購入してみました。

そして、その親戚から借りてこの「英検DS」を実際にやってみたのですが、個人的には良く出来ていると思ったのですが…。

その親戚の子からすると、どうもやりずらいとのこと。。


そんなことを言いながら、随分長い間やりこんでいましたけどね。

やはりこういったゲーム感覚でできるものは、勉強とはいえ長続きするようです。


DSでは英検の他にも英会話やTOEICの専用のものなども発売されていますが、こういったものは英語の学習者からすると非常にありがたいものなのではないでしょうか。

机に向かって勉強というのは、何歳になってもどうしても敬遠しがちなものになってしまいますし、何よりDSを使うというだけでも勉強を勉強と思わなくしてくれます。

とはいえ、その子はDSばかりをやってしまい、結局親に取り上げられてしまったそうですが…。

子供は勉強しているつもりでも、親はそうは思ってくれなかったようです…。


今度ちゃんと電話で説明しようかな…。


ロケットカンパニー 英検DS 〜旺文社英検書シリーズ準拠〜



英検対策の流儀【英検対策】

英検対策

旺文社のホームページで英検準1級〜5級までの予想問題を購入できるということはごぞんじでしょうか。

ネットで英検

ご存知の方も多いかもしれませんが、旺文社は英検を企画している大元の会社です。
その会社が発行する公式の予想問題なので、その内容に関してはそれなりの信用はできるのではないかと思います。

これは本の販売ではなくPDFファイルのダウンロード販売となっていますので、PCの扱いに慣れていない人にとっては購入自体ちょっと難しいかもしれません。
しかし、操作自体は決して難しいことではないので、1テスト210円と非常に安価で購入することができるので、是非チャレンジしてみてください。

この予想問題で合格点を取ることができれば、本番でもかなりの確率で合格することができると思うので、模擬試験だからと言って気を抜かず、万全の体制で臨んでみましょう。


英検対策の流儀【英検対策】

私が留学中に英会話を上達させるために必ず実行すると心に決めていたことがあります。

「毎日15分は必ず勉強をする。」

英会話にしても、英検にしてもTOEICやTOFLEにしてもその他の試験にしても、結果を出すために毎日そのための対策をしていれば、その成功する可能性は非常に高くなってきます。

かといって、風邪を引いたり、仕事や学校の行事などで疲れたりしていると、この毎日勉強するということが非常に困難に感じるときがあります。

しかし、それでも15分は必ず英検なら英検の対策になることをやってください。

毎日継続して何かを続けるとあるときそれが習慣になるときがあります。

毎日部活などでランニングをしている人が、休みの日に何もしないと何か落ち着かない、もしくはそれに似たような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ハミガキや洗顔などもそうですよね。

やらないと何か落ち着かない。

これはその行為が習慣になっているということです。


ランニングが習慣になっている人とそうでない人。

ハミガキが習慣になっている人とそうでない人。

その二人の将来の差って簡単に想像できますよね。


英語よりも何よりも何が何でも継続するという意思の強さは将来を通して財産になります。

是非、毎日5分でも良いので目標に向かって何かをしてみましょう。


英検対策の流儀【英検対策】

英検1級を合格した人の話を聞くと、さほど特別なことをみんなしているわけではありません。

・英検1級用の英単語・熟語帳をやりこむ。

・問題集をやりこむ。

・CNN、BBCなどを毎日聞く。

・Newsweek誌などを購読する。


こうやってみると決して特別なことをしているわけではありませんよね。

ただ同じことをしているのに合格する人としない人が出てくる訳は、一番大きなところでやはり費やす時間が決定的に違うと思います。

よく、あの人は頭がいいから…。

という人がいますが、本当にそうでしょうか?

この言葉を言う前に、本当に自分はやれることをやったのかを自問自答してみましょう。

絶対まだやる余裕があるはずです。


英検対策の流儀【英検対策】

英検対策

英検攻略のために避けては通れない英文法

文法は日本人にとって得意な分野とも言われていますが、それは一部の大学受験者で、しかもそれなりの大学に合格したような方達だけに当てはまるのではないでしょうか。

事実、中学、高校とろくに勉強してこなかった私にとって、英文法が簡単だなんて口が裂けても言えませんし、実際、私がアメリカから帰国した後に受けたTOEIC試験で一番足を引っ張られたのが文法問題でしたから。



(そう考えると、私は一体どうやってアメリカの大学を卒業したんでしょうね…)



文法もリスニングやリーディングと一緒で、やはり量をこなすことが実力アップの近道だと思います。

市販の文法問題集を買ってきて、とにかく量をこなす。

量をこなすうちに一つ一つの問題に対して、「あ〜、これはこういうことか。」と理解するようになってきますし、自然と英検の文法問題のパターンも見えるようになってきます。

ですので、しっかり量をこなすようにしましょう。

英語苦手のカギは英文法にあり!



英検対策の流儀【英検対策】